担当講師は高学歴がいい?

今日は塾講師の学歴についてのお話です。

個別指導塾にはたくさんの大学生の講師が在籍しており、様々な大学に通っている講師を選ぶことができます。

 

「どの講師でもお選びいただけます!」

 

と言われた場合、みなさんは何を重視して選びますか?

 

女性の講師がいいなぁ…おもしろい人がいいなぁ…など人それぞれいろいろあると思いますが、講師の学歴を条件にしていることはあったりませんか?

 

今日は『学歴で講師を選んでも意味がない』というお話です。

 

 

☆「高学歴=指導力が高い」にあらず☆

 

ストレートに言います。

 

『勉強ができない子、苦手な子ほど高学歴講師はダメです』

 

理由は簡単です。

 

あなたが一流シェフの料理講座を受けたとします。

 

家に帰って教わったことを試した場合、同じ味が再現できますか?

 

恐らくほとんどの方が無理だと思います。

 

できるのはどんな方か?

 

一部のセンスのある方しか真似できません。

 

勉強も同じです。

 

高学歴の講師から教わる授業や勉強法は、地頭のいい子やセンスのある子など、一部の子にしか通用しないことが多いのです。

 

 

☆塾講師になる人は、小中学生の内容はできる☆

 

塾講師になる人は、小中学生レベルの問題はみんな解ける人ばかりです。

 

あなたは自分のお子さんに『掛け算九九』は教えられますか?

 

高学年の算数は難しいけど、それぐらいならできるよ!という方も多いのではないでしょうか?

 

塾講師になる人にとって、小中学生レベルの問題はみんなそれぐらいの感覚です。

高学歴でなくても十分です。

 

 

☆どんな講師を選ぶべきか☆

 

では何を基準に選べばいいか?

 

『お子さんのために一生懸命な講師』を選んでください。

 

そんな人わからないよ!と思われる方がほとんどだと思います。

 

そうです、簡単には分かりません。すぐには分かりません。

 

だから『塾に入れた後が大切』なんです。

 

それこそ『塾に入れる前よりも』です。

 

お子さんの塾での様子を定期的に聞くようにしてください。

 

教室長は漠然としたことしか言えないことが多いので、必ず子ども本人から授業の事を聞くようにしてください。ダメ講師の見極め方はまたの機会に書きます。

 

 

高学歴の講師を否定しているわけではありません。

高学歴でも子ども想いの一生懸命な講師、日々の授業に全力を注ぐ素晴らしい講師もいます。

 

しかしそれは学歴が高くない講師も同じです。

 

「現役〇○大講師」といった学歴に惑わされない考え方は大事です。